上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東城さんの講演会、病は根性直しだとピシャリ!おっしゃってました。
病人に向かって何ていう事を!と思われる方もいるかもしれません。

私も皮膚のトラブル(内臓を労らずに疲れから)が多く、常に良い状態でいられるか?というと難しいのです。
数年に一度はぎっくり腰で動けなくなる事も。。。
半ば病に片足入れた状態で日々、気をつけながら生きています。

だから、根性悪いからだ!=自分に対する全否定と思ってしまう・・・
(違うのかもしれませんが)
と言われれば、少し反発したい気持ちもありました。
そうかもしれない・・・そうだな。と素直に受け止められるような考え方に至るまで
には時間がかかりましたが今はその通り根性悪を少しづつ治しますよ!
と思えます。(食も含め)

でもそんな正直でストレートな言葉、病の人には中々言えません。
そして病の人こそ、この言葉を大きく跳ね返す!認めない。

東城さんが言うのならじんわりとその言葉のもつ意味(優しさ)が相手に伝わるのかも
しれませんが、
普通にそんな事言ったら、誤解されるだけかもしれません。
でも分かってくれそうな相手やそういう方向を見据えて生きている人にはつい言ってしまいます。
余計なお世話であっても。もう少し、誤解のないように言えれば良いのですが、難しいです。


変な優しさやモノへの依存に仕向ける人がいたら、それは病人をズルズルと治さずに
利用しているだけの人たちかもしれないと疑ってみないとです。

事実、楽な治し方にあまり良い方向は望めません。

色々と試してみた結果、思います。

最近、たくさんの人の本やらご意見聞いてふ~ん。。。と日々色々と吸収しているのですが、
どんな話より実体験。

10数年前にインドにホームステイをしてベジタリアンの家族(宗教上ベジ)と暮らしていた時、
今までに見たことのないような衝撃的なきれいなうんちがでました。

さまざまな健康に関する本で良いと言われてるパーフェクトなモノでした。

最近なぜか思い出していました。
日本でそんなの出てこないナ~と。。。
もう一度見たいです。
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://sowablog.blog31.fc2.com/tb.php/177-29621ee7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。