上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
学生の頃から5年間アルバイトをしていた喫茶店が渋谷にありました。

3.4(sun.sea)太陽と海の略です。店の名前も素敵でしたが店内は全て廃校と
なった学校からの廃材で手作り。壁にはそのままのペンキが大胆に塗りたくられて。
家具も床も入口のドアも全てが手作り。
店主によると3か月もの歳月をかけて作ったとの事でした。

お店をやる時にまるっきり大工経験の無かった私ですが、単純に作れば良いじゃんと
発想してしまったのにはこのお店の存在が強いです。

カフェなんて言葉、存在がもてはやされる前の時代、純粋に喫茶店でした。

コーヒーと紅茶、煙草とお酒。

食事はなく、ケーキは何とも愛情のない出来あいのモノをカットしてましたが、
美味しかった記憶があります。
時代はバブル期数年後のまだ良い時代背景でした。

空気、空間、そこに集まる人種のおもしろさ。
絶対にマネのできない絶妙なセンスでした。

毎日、働くという感覚ゼロの私。人の移ろいを観察して過ごしてました。

ぼっ~と一人コーヒーを飲みながら何をそんなに深く、考えているのか。
何の苦労もない学生の私にはその人の悩みはとても理解できずに・・・
その人の顔はとてもとても素敵に見えました。

アンティークの壊れたレジでお金をいただく際のほんの地味な一言の会話。
ごちそうさま・・・美味しかったです・・・

その頃の私、サービス精神ゼロ。でも心が溶かれます。
その一言に嬉しさを感じる日々は今でも変わらないみたいです。

カフェのメニューの見直しをしてます。
自家製のケーキが増える予定です。
お楽しみに。。。
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://sowablog.blog31.fc2.com/tb.php/151-206d6b5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。