t-1

tuneの展示販売が始まりました。

sowa初の洋服の販売です。
可愛いから売れています。

梅雨にぴったりの可愛い蛙。

私も一枚羽根を選びましたが、蛙も可愛いな。
メンズ、レディースともに種類も豊富です。
素材はヘンプ20×コットン80で気持ちが良くて
手放せない今年活躍しそうな一品です。

オーダーも受けています。

展示期間は2週間

6/8までです。

お早目にお越しくださいませ。
落ち葉野菜きまた(茨城県石岡市)から明日着で野菜が届きます。

放射能汚染の問題が深刻になり、大丈夫ですか?との質問が多い中で
お店として大丈夫とは言えませんでした。

端境期であった事もあり、入荷を見送っていたのですが、
明日から入荷をスタートします。

『ネギ、小松菜、ほうれん草、赤からし菜、サニーレタス、葉玉ねぎヤーコン、絹サヤ』
等が入荷予定です。

以下はきま畑から農家の気持ち・・・「落ち葉野菜きまたより」

3/11の震災直後から丸二日間、停電の中で生活しました。
水も電気で汲み上げる井戸なので使えず、ちょうど近くの滝で汲んできてあった水でしのぎました。
夜はろうそくで。
二日目には、ずっと使っていなかったソーラーパネルを出してきて短時間ラジオを聞いたり、
サバイバルを楽しんでいた位でした。

「電気の無い時代がくるぞ。でも、自給自足できる農家は安心だ」
とこの町で始めに畑を貸して下さった地主さんが、去年言ってました。
近所の方々も停電に動じる様子がなく、田畑と共に生きてきた田舎の人は
強いなと感動し自分たちも自給的な暮らしに向ってきて良かったと感じていました。

でも、電気が復旧しテレビをつけると、津波の映像と原発の緊迫したニュースを目の当たりにして、
心の落ち着かない日々が始まりました。放射性物質の事をどうしたら良いのか。

そんな中、私達の農業の師匠から、有機農業に関して希望のある話を聞きました。
「放射性物質は時間がたつほど土壌中の有機物や粘土鉱物と固く結合し土壌から動かなくなる。
そうなると、植物に吸収されず、土壌にしみ込んでいくことはなくなり、
地下水を汚染することもない状態になる」
(日本農業新聞に載った、農業環境技術研究所の長谷部亮氏の話) 

また他の方から、「炭を畑に入れると、植物がセシウムを吸収するのを抑えられる」
という情報も頂きました。
この土地へ来て、二年目に入ったばかりですが、畑の土に、集めてきて発酵させた落ち葉(有機物)
を入れていくと、野菜が元気になってくるのを感じています。
そして、炭の利用も試し始めていた所でした。

これからも、私達のスタイルでもっと落ち葉堆肥を入れて、
炭も使いながら野菜を育てていこう、との気持ちを強くしています。

現在、近隣での野菜に含まれる放射性物質の数値もかなり低くなり
(5/6、つくば市のほうれん草 ヨウ素131…10ベクレル、セシウム134,137…検出せず)

これ以上の汚染なく、原発事故が収まっていく事を願うばかりです。
震災で亡くなったり、家を失ったり、原発事故の影響で家に帰れない方々の事を考えると、
元気に畑に立っていられる事が本当に有難いと思います。

※農家さんからのお手紙は明日ソワ着のお野菜に添えてもらっています。

お店として、問題はこれから・・・
その矛先や解決策をゆっくりと考えながらいこうと思います。

新しい事や先の見えない事どきどきして楽しいと思っていたけれども、
今回は別問題。

今後も立ち止まり、考えて、それからまた始める事もあるかもしれません。

野菜の事だけではなく、色々な事が初めてすぎて見えません。

落ち葉やさい、明日の到着が楽しみです。






ミサトっこというイ草ぞうりを沢山入荷しました。
履き心地の良さと子供から大人まで土踏まずの形成に良いので健康になるとの事。
私は半信半疑に2年ほど試していますが、とにかく毎日、履いてしまう。

多分、子供さんもその心地良さに毎日履いて、しまいには1シーズンでボロボロになるという
お話しを聞くのです。

こちら(ブログ)を見たという方には10%オフで販売します。(5月までです)

15㎝の子供用から28㎝の大人用まで今なら種類も色も豊富です。
まずは履物は実際に履いて確認下さい。


               ★5月のセールお知らせ★   
 
       オーガニックコットンの『メードインアース』商品が
     オレンジカードの方10%オフ   ブルーカードの方15%オフ

5月23日まで、中央テーブル全てを『義援金、古本集めて全額寄付フェアー』
        本の価格は全品定価表示の半額で販売しています。

  5月25日からはヘンプコットン素材を使った手染めブランドTUNEのTシャツ小物 
                    初登場です。

嬉しい報告です!

お店で古本集めて義援金イベント、蜜蝋を使ったキャンドル作りワークショップ、
チョコレート販売と他、皆様の温かいお気持ちで震災後にお預かりした義援金13万円を
本日づけで

あしなが育英会の東日本大地震・津波遺児に寄付致しました。

色々と迷ったのですが、5月2日の調査で618名の遺児との事で
決めました。

古本販売とキャンドル作りは引き続き開催しております。

そして未来のエネルギーの事をもっと前向きに明るく話をしていきたいな
との思いから「ミツバチの羽音と地球の回転」鎌仲ひとみ監督
の映画をアートフォーラムあざみ野で開催する事になりました。

より多くの方に見てもらいたい事、あざみ野のアートフォーラムは
昨年からガイアシンフォニーの上映のお手伝いでずっと縁のある場所でした。
こちらの話

まず、親子室があること、そして館内に「こどもの部屋」という託児所(有料)も
ある事がこちらで開催をしたいとの一番の気持ちです。

渋谷や都内でも見られましたが皆さんに声をかけて見て下さい!というには
制限がありました。

全て、監督講演会付きです!

映画上映:「ミツバチの羽音と地球の回転」
監督講演会;鎌仲ひとみ監督トーク

6月30日(木)・7月1日(金)

午前の部:
映画上映 09:45-12:00
監督講演 12:00-12:30
午後の部:
監督講演 13:45-14:15
映画上映 14:15-16:30

料金:郵便振込&前売(sowaのみ)1300円
   当日1500円

主催:あざみ野ぶんぶんプロジェクト

問い合わせ先:ソワ 045-904-1286 

チラシが出来るのがもう少し先ですが、スケジュールの調整できる方は是非!
チラシの配布、チケットの事など他、ご協力いただける方も募集しております。

どうぞ宜しくお願いします。