落ち葉野菜きまた(茨城県石岡市)から明日着で野菜が届きます。

放射能汚染の問題が深刻になり、大丈夫ですか?との質問が多い中で
お店として大丈夫とは言えませんでした。

端境期であった事もあり、入荷を見送っていたのですが、
明日から入荷をスタートします。

『ネギ、小松菜、ほうれん草、赤からし菜、サニーレタス、葉玉ねぎヤーコン、絹サヤ』
等が入荷予定です。

以下はきま畑から農家の気持ち・・・「落ち葉野菜きまたより」

3/11の震災直後から丸二日間、停電の中で生活しました。
水も電気で汲み上げる井戸なので使えず、ちょうど近くの滝で汲んできてあった水でしのぎました。
夜はろうそくで。
二日目には、ずっと使っていなかったソーラーパネルを出してきて短時間ラジオを聞いたり、
サバイバルを楽しんでいた位でした。

「電気の無い時代がくるぞ。でも、自給自足できる農家は安心だ」
とこの町で始めに畑を貸して下さった地主さんが、去年言ってました。
近所の方々も停電に動じる様子がなく、田畑と共に生きてきた田舎の人は
強いなと感動し自分たちも自給的な暮らしに向ってきて良かったと感じていました。

でも、電気が復旧しテレビをつけると、津波の映像と原発の緊迫したニュースを目の当たりにして、
心の落ち着かない日々が始まりました。放射性物質の事をどうしたら良いのか。

そんな中、私達の農業の師匠から、有機農業に関して希望のある話を聞きました。
「放射性物質は時間がたつほど土壌中の有機物や粘土鉱物と固く結合し土壌から動かなくなる。
そうなると、植物に吸収されず、土壌にしみ込んでいくことはなくなり、
地下水を汚染することもない状態になる」
(日本農業新聞に載った、農業環境技術研究所の長谷部亮氏の話) 

また他の方から、「炭を畑に入れると、植物がセシウムを吸収するのを抑えられる」
という情報も頂きました。
この土地へ来て、二年目に入ったばかりですが、畑の土に、集めてきて発酵させた落ち葉(有機物)
を入れていくと、野菜が元気になってくるのを感じています。
そして、炭の利用も試し始めていた所でした。

これからも、私達のスタイルでもっと落ち葉堆肥を入れて、
炭も使いながら野菜を育てていこう、との気持ちを強くしています。

現在、近隣での野菜に含まれる放射性物質の数値もかなり低くなり
(5/6、つくば市のほうれん草 ヨウ素131…10ベクレル、セシウム134,137…検出せず)

これ以上の汚染なく、原発事故が収まっていく事を願うばかりです。
震災で亡くなったり、家を失ったり、原発事故の影響で家に帰れない方々の事を考えると、
元気に畑に立っていられる事が本当に有難いと思います。

※農家さんからのお手紙は明日ソワ着のお野菜に添えてもらっています。

お店として、問題はこれから・・・
その矛先や解決策をゆっくりと考えながらいこうと思います。

新しい事や先の見えない事どきどきして楽しいと思っていたけれども、
今回は別問題。

今後も立ち止まり、考えて、それからまた始める事もあるかもしれません。

野菜の事だけではなく、色々な事が初めてすぎて見えません。

落ち葉やさい、明日の到着が楽しみです。






かどまつ


天然素材のお正月飾りはいかがですか?
高さ40cm位の門松です。

普段、私達が落ち葉掃きをしている、近所の里山で集めた素材で作りました。

数量限定です(写真のもの、一組 3000円)
ご予約お待ちしております! メールアドレス→ kima-f@nifty.com (きまた)

12/30、sowa前での野菜売りの時に持って伺います。
そこでのお渡しとなります。

当日は、小松菜(正月菜)、ほうれん草、人参、つくね芋、、などなど持って参ります。
是非遊びにいらして下さい!

落ち葉やさい きまた





茨城県、石岡市のきま畑に初めて行って来ました!
毎週土曜日に入荷のこのお野菜は米ぬかと落ち葉を発酵させて
堆肥を作っている野菜です。野菜だってヴェジタリアンです!

千葉の成田の畑とはまったく違う!プロだな!と感心、感激。
きれいに整い、多品種を育てている事に驚きました。
きまたさんが千葉の畑を趣味で・・大切に耕していた頃の畑
とは別世界が広がっていました。
自然農!ってこんなイメージという感じの雑草まみれの畑でしたが、
新しい畑は手と目と愛情が行き届いた素晴らしい畑でした。

2泊3日での滞在中でも野菜が育つ育つ・・・
ゴーヤ、キュウリ、トマト、なすの夏野菜から小松菜や水菜の
葉物まで全部で30種類あまりもの野菜が収穫できました。

帰宅の日。朝から収穫。夕方にお店につくと、何時もの常連さん達が
来店してくださり、お店の前は新鮮な野菜が色鮮やかに並ぶ。
かごを片手に人々が群がる。質の良さとともに、鮮度の良さもあり、
次々と売れていく野菜に、嬉しさがこみあげてきます。

茨城の田舎で野菜を育てているあの世界とはまるで
違う賑やかで人々が行き交う街。

3日ぶりにレジを打つ。一瞬にして自分の今いる現実に。

★9月11日(土曜日)11:30~15:30
野菜売りに来てくれる予定です。

今週も8・25(水)昼着で野菜届きます。
火曜日に収穫の新鮮野菜が届く予定です。

28日(土曜日)着ももちろんあります。

畑の空気を吸って元気になり、もっとがんばって売らなければ~と。


落ち葉やさいきまた・・・・直接宅配での購入希望の方も受け付けています。
9/11にご来店いただき、詳しいお話を直接していただければと思います。



いつもうちの野菜がお世話になっています。(sowa土曜日着です)
今まで千葉・成田市で野菜作りをしていましたが、この2月に茨城・石岡市(旧 八郷町)に引越をしました。
山に囲まれ、水のきれいな良いところです。庭からは筑波山が見えます。
こちらでも少しづつ畑を始めていますが、まだ成田の畑に通って収穫をしています。
でもそれも来週まで! その後は畑も完全に引越です。

その4月後半、野菜の出荷をお休みさせて頂くかもしれません。
4月は野菜の端境期(はざかいき)。冬越しの野菜が終わっていき、春播きの野菜がまだ出来てこない時期なのです。
私たちはビニールマルチ、ハウスなどを使わないので、特に出来が遅くなってしまいます。
来年はもっと工夫して、保存のきく芋類を沢山作ったり、野菜の少ない時期を減らしていこうと考えています。
まだまだ不勉強な百姓ですが、こちらの土地にも慣れ(千葉とは少し気候が違うのを感じます)、いい野菜を作れるようになっていきたいです。
これからもどうぞよろしくお願い致します。
(落ち葉やさい きまた←きま畑改め)
こんにちは。いつもうちの野菜がお世話になっております。成田市から茨城県八郷(やさと)への引越作業が大詰めを迎えている、きま畑です。
来週末の13日土曜日は、sowa前での野菜直売、と同時に午後3時から店内で「味噌仕込み体験会」をやります!味噌づくり未体験の方、一緒にやってみませんか?
ここ数年、麹づくりからやってみているのですが、毎回緊張です。でもやっぱり、自分で作った味噌を食べるというのはうれしいです!

10蒸す 自宅で麹用のお米を蒸しているところ。(今回の体験会では、短時間なので、sowaさんに仕入れてもらった麹を使って作ります)

10味噌1  10味噌2
杉樽に味噌を仕込んでいるところ→竹の皮でふたをしているところ。竹の皮の下は、全然カビなくてびっくりします。(体験会では、ふた用に笹の葉っぱを採っきて、お持ち帰り用に使っていただきます。)
寒い季節のひと仕事、味噌作り。やり終えると、ちょっと充実感が湧いてきます。

ではでは、13日にお会いしましょう! (きま畑・きま)